Kouta's African Cichlids Room home.gif
   
My Tank
   


アフリカンシクリッドの水槽は、とにかく濾過能力の高いシステムで構成しようと心がけています。
基本構成は上部フィルタ、外部フィルタ、デフューザーの強制エアレーションと水流。濾過材に関して効率が良く比較的安価なものを利用しています。
週1回の水換え(夏1/2〜1/3、冬3/1〜4/1)を行い、水質の安定を心がけ高精度のデジタル式pHメータによる測定を定期的に行いミネリッチアクアーレにてpHが安定するよう心がけています。アフリカンシクリッドは水質にうるさくないのですが、やはり水槽という閉鎖的な環境下なので、少しでも居心地の良い環境を作ってあげたいものです。
将来的にはOFシステムを導入したいと考えてます、とりあえず今はコレで十分ですけど...。

大型濾過槽を持つ上部フィルタだけでも十分なのですが、やはり外部フィルタを使いデフューザでエアレーションすると水のクリア感がさらに増んですよね。それに濾過槽のメンテナンスが長期不要になり、面倒臭がりな私にはピッタリのシステムです。(笑)
しっかり濾過が機能している濾過槽の掃除は、結構リスクがあって飼育水で濾過材を洗っても、前の状態になかなかなりません。しかも魚も減ったりしましたし...。(汗)

飼育水の状態は、個体を観察してるだけでも分かりますが、合わせてpHメータを使い管理できるとグッドコンディションになるようです。
HORIBA コンパクトpHメータ Twin pH





index.html